お問い合わせはこちら

休診日:日曜・祝祭日

(都内からのみ)

0334907899

歯周病治療

歯周病について

歯周病治療って?

歯を失う原因で最も多いのが、歯周病です。初期の段階では自覚症状がほとんどありません。「歯肉から血が出る」「歯がグラグラする」などに気がついたときには、既に悪化しているケースがほとんどです。症状の進行により、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていき、最終的には抜け落ちてしまいます。そうならないためにも、歯科クリニックを早めに受診し、専門的な治療を受けることが大切です。
当クリニックでは、様々な検査を通じて歯周病の原因を探り、症状の根本改善を一緒に目指すことを徹底しております。

原因は?

歯周病は、細菌によって引き起こされる感染症です。口腔内のプラーク(歯垢)が、バイオフィルムというネバネバした細菌の塊を作り出します。その中には歯周病菌が含まれており、歯肉の炎症を引き起こし、骨を溶かしていくのです。歯磨きで取り除くことが難しいため、歯科クリニックで専門的な治療が必要になります。
その他、喫煙や食生活といった生活習慣、ストレスによる抵抗力の低下なども歯周病の原因になります。

歯周病初期治療

歯周病菌は血液の流れによって全身を循環し、動脈硬化や脳梗塞、糖尿病などの様々な合併症の原因になることが明らかになっています。また、妊娠中の場合、子宮を収縮させ、早産を引き起こすリスクもあります。これらの防止には、歯科クリニックでの適切な治療が欠かせません。
当クリニックでは、歯周検査の結果をもとに歯石除去や口腔内クリーニング、ご自宅でも簡単にできる歯ブラシ指導などを通じ、早期の改善と患者様の健康をサポートいたします。

歯周病の進行と症状

健康な歯肉

歯肉は薄いピンク色でキュッと引き締まり、歯と歯の間にしっかり入り込んでいます。ブラッシングにより出血することもありません。

歯肉炎

炎症を起こした歯肉が赤く膨らみ、ブラッシングで出血するようになります。まだ、骨に影響はほとんどない状態ですが、細菌の毒素が炎症を悪化させます。
歯と歯肉の境目が深くなり、歯周ポケットを形成。歯垢が溜まりやすくなり、症状がさらに進行します。

歯周炎

歯周炎は、歯槽骨にまで影響がある状態です。歯周病菌によって骨が溶かされ、歯がグラグラするようになります。また、赤く腫れ上がった歯肉から、膿が出ることもあります。最終的に歯が抜け落ちるリスクもあり、早急な治療が必要です。
「歯と歯の間に食べ物がよく詰まる」「歯が長くなったような気がする」などは、よくある歯周炎のサインです。すぐに歯科クリニックを受診するようにしましょう。