治療案内

歯周病

メンテナンス

歯周病治療って?
歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 歯周病はひどくなると、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりします。一般に痛みが無い慢性状態である事が多く見過ごされてしまいがちです。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。 ひどくならないうちに完全に治療する事が重要です

原因は?
歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他さまざまな因子がかかわっているといわれています。プラークは虫歯や歯周病の原因となります。食べかす(歯糞)のように思われがちですが、そうではなくて虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいるといわれております。歯周病はそのなかの歯周病菌がひきおこす病気なのです。

歯周初期治療
術前には歯石除去、歯ブラシ指導、歯周検査を受けて頂き、衛生的な口腔内に改善する必要があります。歯周病の原因は歯垢などの細菌感染で、誤嚥性肺炎や糖尿病、心臓病など全身疾患の原因となります。喫煙も歯周病を悪化させる大きな原因のひとつです。妊娠中なら早産、低体重児につながります。
歯の欠損は痴ほう症、運動機能の低下につながる事が判明しております。 

歯周病の進行と症状

健康な歯肉

健康な歯肉
歯肉は薄いピンク色で、歯と歯の間に入り込んで弾力があり、引き締まっています。ブラッシングをしても出血はしません。

歯肉炎

歯肉炎
骨には影響ありませんが、歯肉が炎症を起こし赤みを帯びます。歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らみ、ブラッシングで出血します。歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し歯肉に炎症をもたらします。歯肉が赤く腫れだすと、腫れた歯肉と歯の間(ポケット)にますます歯垢が溜まり悪化します。

歯周炎

歯周炎
骨や歯と骨が接合している繊維(歯根膜)まで炎症が進み、歯肉は赤紫色に腫れあがります。ブラッシングで血や膿が出て、歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮します。歯と歯の間が広がって食べ物がよく詰まり、歯肉が退縮し歯が長く見える等の症状が起こります。 ますます歯垢が溜まり悪化します。

歯科コラム
2017/10/1
お腹の赤ちゃんのために!妊娠中は積極的に歯科検診に行こう!
出産を控えた方のために、マタニティ歯科というものがあるのをご存知でしょうか? また最近では、大学病院の小児歯科でも、親子... <続きを読む
2017/09/1
「プラーク」ってなに?歯周病の最大の原因ってホント?
皆さんは「プラーク」という言葉をご存知ですか?プラークとは別名歯垢と言い、細菌がたくさん集まっているものです。このプラー... <続きを読む
2017/08/1
大豆の「タンパク質」には歯の土台を形成する喜びの効果が!
歯は一生ものと言われるように、出来る事なら最期まで自分の歯で食べ物を食べていたいものですね。そんな丈夫な歯を維持するため... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院