治療案内

歯の欠損について

歯の欠損とは、むし歯や歯周病など、様々な原因で歯を失ってしまう事です。
「1本位、歯が無くても他の歯で噛めるからいいかな・・・」とそのままにしていませんか?
抜けた歯をそのままにして生活していると、食事がしにくいのはもちろん、
歯並びが悪くなったり、かみあわせが悪くなったり、発音が正しく出来なくなることもあります。
失った歯には何らかの治療が必要です。
以下でそれらをご紹介しますので参考にしてください。
また、患者さまの症状やライフスタイルに合った
最適な治療方法のご提案もいたしますのでお気軽にご相談ください。

歯の欠損治療

歯の欠損治療方法は大きく分けて以下の3つです。

1.ブリッジ(前後の歯を削って歯の橋を架ける)

→少数歯欠損(3本なら両側2本以上で支持)

2.入れ歯(着脱式.多数歯を補う場合)

→多数歯欠損

3.インプラント(人工の歯根を骨に埋める)

→何本でも可能

ブリッジ治療

利点
・保険可能
・取り外しが不必要
・短期間(約1ヵ月)で終了
・審美性が比較的よい

欠点
・前後の歯を大きく削る→ダメージ→虫歯
・前後の歯に支えてもらう→負担過剰→歯周病や破折
・前後に歯が必要→無ければ入れ歯かインプラント
・清掃が困難→虫歯や歯周病の危険性

ブリッジ治療には、前後の歯が丈夫であり深刻な歯周病で無いことが必要となります。
また、リスクが増すことで、前後の歯も早く失ってしまいます。
欠損の本数が多いと適用外となります。

入れ歯(着脱式)治療

利点
・多数歯を補うのに適する
・治療回数が少ない
・歯を削らない
・保険が適用

欠点
・歯肉で支える→しっかり噛めない
・欠損部分の骨→吸収してゆく
・大きく造る→違和感が大きい
・歯肉や歯との間に食べかすが多量にたまる→毎食後に外して洗う必要がある

不快感が大きく、まったく使用できない方も多いです。
また、使用するだけで老化を意識したり自信を無くしやすい欠点もあります。

インプラント治療

利点
・歯の欠損状態を問題としない
・虫歯にならない
・取り外しが不必要
・審美性が比較的よい
・固いものでもかめる
・違和感が少ない

欠点
・長期間(約2ヵ月以上)かかる
・高額になる場合がある
・スモーカーや重篤な疾患の方、歯ブラシのできない方には禁忌
・骨粗鬆症、糖尿病、大きく骨を失われている方には困難
・定期的に来院いただき管理する必要あり
・外科手術であり、術者や設備で結果が異なる

歯周病を患った歯より断然もちが良く、残りの歯に負担をかけません。

実際の症例

現状と、入れ歯とブリッジが不向きである理由

元々ブリッジであった前歯3本が欠損してしまいましたがブリッジをするには両側2本ずつ以上必要となりますがすでに不足しています。
歯周病は落ち着いていますが、支えの歯が少なく残りの歯も歯髄がなく弱くなっているので、ブリッジや入れ歯の支えには向いていません。
年齢も若く職をお持ちであり、仕事柄入れ歯の使用に不向きであること、すでにインプラント治療を受けられたことがあることから利点・欠点を理解されておりインプラント治療を選択されました。

歯科コラム
2017/06/3
歯周病を治す目的で歯のクリーニングをする場合、保険はおりる?
歯周病の場合、歯のクリーニングは保険が適用となります。その理由は、歯周病の治療目的として歯のクリーニングを行うからです。... <続きを読む
2017/05/1
顎関節症は4つのタイプに分かれる!タイプ別で見る治療法
近年日本人に増えている顎関節症。顎関節症の原因は歯ぎしりやストレス、噛み合わせなど様々です。顎関節症は、口が開かない、顎... <続きを読む
2017/04/1
歯を削らなくて済む虫歯の進行を止める生活習慣とは?
虫歯は長期的な時間をかけて進行していくもの。その進行のスピードを決めるのは、口周りの生活習慣です。最終的に歯を削らなくて... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院