治療案内

矯正歯科

今日、前歯の虫歯の治療に金や銀の物を詰めたりしません。目立たないプラスチックの詰め物でさえだんだんと変色しますから、なるべく目立たない裏側から削って詰めてゆく位、気を使っています。さらにより美しく、魅力的な口元へ・・・と顔の一部を占める歯に、プラスアルファを考慮した治療が多くなっています。
歯の白さはもとより、唇や顔の輪郭なども考慮に入れます。歯並びが悪くても矯正まではできない、ブリーチだけでは色がきれいにならない・・・そんな方でもラミネートべニア法によればほとんど削らずに問題が解決できます。ご心配なら事前にワックスで治療後の状態を確認いただけます。白い修復物でも自分の歯との調和が必要です。セラミックならそんな個性を加味することができ、さらに表面の滑沢なことから汚染しにくく歯周病や虫歯も予防しやすくなります。
セラミックにはいろんな種類があり、目的により選択することが必要です。当院ではオールセラミックとしてセレック、E-max、ノリタケ、プロセラ。ハイブリッドセラミックとしてシンフォニー。セラミックと一部に金属を補強で使うメタルボンド冠、サンライズ冠を用意しております。審美的な理由だけで行う治療は、いっさい健康保険が利きません。

当クリニックの矯正治療

セレック治療

ラミネートベニア

歯の表面に0.5mm程の薄いセラミックを貼り付ける治療です。削る部分を出来るだけエナメル質内にとどめる事で、削ることのデメリットを小さくしています。以前は、健康な歯でも全体をぐるりと削り、冠をかぶせていました。
色・形、の改善、表からの歯並びをも改善することができますので今日の審美治療に不可欠です。歯と歯の間の変色したプラスチック治療や虫歯治療にもおすすめします。

ノリタケのラミネートベニアが1本10万円

セラミック

天然の歯そっくりに作ることが出来るのはセラミックだけです。古い茶器などでも、変わらない輝きを持っていますが、汚れにくさは口の中で最も重要なことのひとつです。エナメル質の構成に近いので歯と強く接着され虫歯になりにくい治療法です。
セラミックにはいろんな種類があり、目的により選択することが必要です。当院ではオールセラミックとして セレック、E-max、ノリタケ、プロセラ。ハイブリッドセラミックとしてシンフォニー。セラミックと一部に金属を補強で使うメタルボンド冠、サンライズ冠を用意しております。
ジルコニアという金属に代わる硬いセラミックが日本でも認可されました。インプラントの土台(アバットメント)など力のかかる部分に使用されます。このおかげで金属が表から一切なくなります。

E-max
ドイツの技術で日本でも2年程前から扱われています。自然な色調で強度も十分であらゆる修復治療に対応できます。

ノリタケ
日本の誇る陶器メーカーですが歯科用セラミックでも超一流です。微細な形に対応でき日本人の色にも合っているのでラミネートベニア治療におすすめです。

プロセラ
スウェーデンのノーベルバイオケア社製です。丈夫なジルコニアとセラミックの組み合わせでできています。オールセラミックのブリッジやインプラントの部分にも対応できます。

セルコン
日本のメーカーが造るジルコニア製でとにかく丈夫にできています。セラミックの欠点は金属に較べて割れ易い事ですがジルコニアでは一切壊れません。ダイヤモンドに近い強度のジルコニアは奥歯やインプラントにつなぐ支台に適しています。

シンフォニー
ハイブリッドセラミックはレジン(プラスチックの一種)が含まれ柔軟性に富んでいます。他のセラミックに較べると強度に劣り、キズも付き易いのが欠点ですがコストパフォーマンスに優れています。

セラミック

セレック(CAD/CAM)による、1日で終わるセラミック治療

セラミック治療

以前、みのもんたさんの番組で「日本一歯科医師が語る、最新の1時間治療」と称するコーナーが放送されました。
その方法は、当クリニックでも導入されているセレック3(ドイツ:シロナ社製)を用いています。
1時間は難しいですが、その日のうちに終えることは容易です。
技工士さんが作るセラミックが最低10日もかかることを考えると、画期的と言えるでしょう。

治療した歯の形を3Dカメラで撮影し、それをコンピューター上で立体的に設計し、歯の形にあったセラミックを削ります。
今までと違い、型取り(印象)が不要で、医院内でセラミックを削るので、最短で1回の通院で白くて目立たないセラミックの詰め物(インレー)や歯冠(クラウン)が完成します。

治療ストレスを軽減し、高精度に仕上げる事が可能です。

ホワイトニング

「ホワイトニング」とは、歯に薬液を塗布することで歯の汚れや着色を消し、 白くする方法です。ホワイトニングによって、歯の色調を明るくすることにより、白くすること可能です。 ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と 「ホームホワイトニング」の2種類があり、 それぞれ特徴が異なります。

オフィスブリーチの実施例

レーザーによるメラニン色素除去

症例

来院時主訴:歯並びを短期間で直したい。歯の色を自然な白さにしたい。

術前:歯に入れる前の(e-max)によるラミネートベニアとオールセラミック冠

術後:歯に装着した状態のオールセラミック

来院時主訴:歯並びを短期間で直したい。歯の色を自然な白さにしたい。

術前

術前

歯科コラム
2017/08/1
大豆の「タンパク質」には歯の土台を形成する喜びの効果が!
歯は一生ものと言われるように、出来る事なら最期まで自分の歯で食べ物を食べていたいものですね。そんな丈夫な歯を維持するため... <続きを読む
2017/07/1
歯列矯正をされている方は定期検診をおすすめします
歯列矯正についてお話します。歯列矯正は患者さんの歯並びや噛み合わせ(咬合)を正常な状態に治療することを言います。歯並びが... <続きを読む
2017/06/3
歯周病を治す目的で歯のクリーニングをする場合、保険はおりる?
歯周病の場合、歯のクリーニングは保険が適用となります。その理由は、歯周病の治療目的として歯のクリーニングを行うからです。... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院