歯科コラム
歯周病を治す目的で歯のクリーニングをする場合、保険はおりる?
2017年06月3日 (土)

歯周病の場合、歯のクリーニングは保険が適用となります。その理由は、歯周病の治療目的として歯のクリーニングを行うからです。今回は保険が適用となる歯周病の治療について紹介します。歯のクリーニングと言っても何を行うのか、どのような理由で行われてどのような効果があるかを詳しく見ていきましょう。

歯垢・歯石について
歯垢・歯石について

口の中にいる細菌が食べ物に含まれている糖分を餌として作られるのが歯垢です。歯垢が長期間に渡り放置されると石灰化されて歯石となります。歯垢は歯ブラシで簡単に落とすことが出来ますが、歯石は歯の表面に頑固に付いているので歯ブラシでは落とすことが出来ません。歯周病の原因となる細菌が歯垢や歯石を足場として繁殖することで歯周病を引き起こします。

歯周ポケットについて

歯と歯茎の間には僅かな隙間がありこれを「歯肉溝」と言います。歯周病になると歯肉溝が深くなってしまいます。歯周病によって深くなった歯肉溝を「歯周ポケット」と言いますが、この歯周ポケットが出来ると歯垢や歯石が溜まりやすくなってしまいます。また歯周ポケットが出来ると細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

歯のクリーニングで歯垢や歯石を落とす

歯のクリーニングで最初に行うことは、どの部分に歯垢や歯石が付着しているかを歯医者さんと一緒に確認し、磨けていない部分への歯ブラシの仕方を教わります。確認後、専用の器具を使って歯垢や歯石を落とします。最後に歯周ポケットを薬で洗い流して歯のクリーニングは終わりです。歯周病の進行状態にもよりますが、歯のクリーニングは三カ月に一回のペースで行います。

歯のクリーニングは定期的に行きましょう
歯のクリーニングは定期的に行きましょう

歯のクリーニングを行うだけでも歯周病への効果はあります。歯周ポケットがかなり深い場合や歯周病の進行が重度の場合は歯のクリーニングのみでは汚れを完全に落とすことが出来ないため、歯科での外科手術や抜歯を行います。このようにならないためにも歯のクリーニングは定期的に行う必要があります。

歯磨きはしっかりと行う!

あくまでも歯のクリーニングはサポートのひとつです。「歯のクリーニングへ行っているから」と言って歯磨きをおろそかにしてはいけません。歯周病を治すために一番大切なのは正しい歯磨きを行うことです。歯のクリーニングでは正しい歯磨きを教わることが出来るので、今まで自分が磨けていなかった部分を磨けるようになることで歯周病の進行を抑えましょう。

歯科コラム
2017/10/1
お腹の赤ちゃんのために!妊娠中は積極的に歯科検診に行こう!
出産を控えた方のために、マタニティ歯科というものがあるのをご存知でしょうか? また最近では、大学病院の小児歯科でも、親子... <続きを読む
2017/09/1
「プラーク」ってなに?歯周病の最大の原因ってホント?
皆さんは「プラーク」という言葉をご存知ですか?プラークとは別名歯垢と言い、細菌がたくさん集まっているものです。このプラー... <続きを読む
2017/08/1
大豆の「タンパク質」には歯の土台を形成する喜びの効果が!
歯は一生ものと言われるように、出来る事なら最期まで自分の歯で食べ物を食べていたいものですね。そんな丈夫な歯を維持するため... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院