歯科コラム
歯を削らなくて済む虫歯の進行を止める生活習慣とは?
2017年04月1日 (土)

虫歯は長期的な時間をかけて進行していくもの。その進行のスピードを決めるのは、口周りの生活習慣です。最終的に歯を削らなくて済むように、虫歯の進行を止める、もしくは遅くする生活習慣をご紹介していきます。

口の中をできるだけ中性に傾かせる

まず、ダラダラ食いを止めるということです。一日の食事の回数が増えると、それだけ口内が酸性になる時間が長くなり、虫歯になりやすくなってしまします。一日に食べるタイミングを一定にして、食べる回数を限定的にしましょう。そうすることで、口の中が中性に傾き、歯の再石灰化を促して虫歯の進行を止めてくれます。

歯磨きの回数を増やす
歯磨きの回数を増やす

歯磨きを日常にしっかり取り込むことは、虫歯の進行を食い止めるために非常に重要なことです。食事のあとは酸性になっており虫歯を誘発しやすい状態になっていますし、とくに就寝中は唾液の量が減るため、口の中の細菌が繁殖しやすい状態になってしまうので、寝る前に歯を磨くことはとても重要です。

正しい歯磨きの方法を学ぶ

食後30分前後に歯磨きをすることも習慣として重要ですが、そもそも歯磨きの方法を正しく知っていなければその効果は減少してしまいますよね。食べカスを落とすためにデンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的ツールを使って虫歯を防ぎましょう。また、どうしても食後の歯磨きが難しい状況であれば、食後にキシリトール入りのガムを噛むなどして口の中の清潔さを保つようにしましょう。虫歯予防という観点では、フッ素配合の歯磨き剤を使うことをお勧めします。学校や職場にも適切な歯ブラシ、歯磨き粉を置き、日常の歯磨きでしっかり虫歯を抑えることを意識しましょう。

ストレスを回避する

精神的なストレスは体の抵抗力や免疫力を低減させる大きな要因になります。日常の生活の中でストレスを回避するように意識することで、歯周病やそれに伴う虫歯を抑えることができるようになります。また、睡眠不足や運動不足も重要な要素です。睡眠不足は生活リズムを崩し、体調を崩しやすくする要因になりますし、運動不足からくるメタボリックシンドロームは歯周病に大きく関係する状態ですので、適度な運動をして抵抗力をつけるようにしましょう。

禁煙する
禁煙する

喫煙は歯周病の悪化を誘発します。血液の流れを悪くするからです。これは虫歯だけでなく歯周病の悪化にも大きく影響します。禁煙することは口内環境を良くする大きな要因なのです。

いかがでしょうか。意識して明日からでもできるものから、歯医者さんと相談して対応するものまでありますが、どれも不可能なものは一つとしてありません。意識して生活習慣を変え、虫歯の進行を抑えるようにしましょう。

歯科コラム
2017/10/1
お腹の赤ちゃんのために!妊娠中は積極的に歯科検診に行こう!
出産を控えた方のために、マタニティ歯科というものがあるのをご存知でしょうか? また最近では、大学病院の小児歯科でも、親子... <続きを読む
2017/09/1
「プラーク」ってなに?歯周病の最大の原因ってホント?
皆さんは「プラーク」という言葉をご存知ですか?プラークとは別名歯垢と言い、細菌がたくさん集まっているものです。このプラー... <続きを読む
2017/08/1
大豆の「タンパク質」には歯の土台を形成する喜びの効果が!
歯は一生ものと言われるように、出来る事なら最期まで自分の歯で食べ物を食べていたいものですね。そんな丈夫な歯を維持するため... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院