歯科コラム
歯の健康のために歯ブラシ以外で使いたいアイテムって何?
2017年01月1日 (日)

毎日の歯磨きにはほとんどの方が歯ブラシをつかっていますよね。しかし、歯ブラシだけの歯磨きでは、表面の汚れはきれいに磨けても、歯と歯の間の汚れは60%程度しか除去できないと言われています。そのため、最近ではデンタルフロスなども一緒に使っているという方もいるかもしれません。このように虫歯や様々な歯科トラブルを防いでくれる歯ブラシグッズですが、他にはどのようなものを使ったらよいのでしょうか?

歯ブラシ以外に歯のケアをできるグッズ
歯ブラシ以外に歯のケアをできるグッズ

いくらきちんと磨いても歯ブラシだけではお口の中の全体の汚れをすべて取る事ができません。歯ブラシ以外にこちらのアイテムも一緒に使うとよいでしょう。

●デンタルフロス
歯と歯の間の汚れを除去するのにオススメなのはデンタルフロスです。デンタルフロスには糸ようじタイプと指に必要な長さを巻きつけてつかうタイプものがあります。
フロスをあまり使ったことがないという方は、まずは1日1回、時間のあるタイミングでフロスを行ってみましょう。虫歯の予防だけでなく、歯周病や口臭の予防にも効果的です。

●歯間ブラシ
歯周病や生まれつきに歯と歯の間に隙間があいている場合、また人工の歯の間の汚れを取ったりするには、歯間ブラシがオススメです。隙間の大きさにあわせて正しい歯間ブラシのサイズを選ぶことも重要なポイントですので、自分に適したサイズを歯医者さんに診てもらうといいかもしれません。また、健康な歯茎に使うと、歯茎を傷付けてしまうこともありますので、使い始める時は歯医者さんや歯科衛生士さんに相談すると良いでしょう。

●ワンタフトブラシ
こちらは、聞きなれない歯ブラシグッズかもしれませんが、1本磨き用の小さい歯ブラシのことです。ワンタフトブラシは普通の歯ブラシでは届きにくい奥歯の後ろなどにオススメです。歯にあてて円を描くように使います。子供の仕上げ磨きに使うのもよいです。

超音波式電動歯ブラシで磨き残しをカバー

最近は電動歯ブラシを使っている方も多いのではないでしょうか?種類も様々あり、歯医者さんで推奨しているものもあります。その中でも、超音波式電動歯ブラシはオススメです。こちらは、歯ブラシでは届かない部分の歯垢を、超音波による液体流動を利用して落とすことができます。

プロバイオティクス
プロバイオティクス
それって何?っと、なかなか馴染みのない言葉ですね。これは、いわゆる善玉菌で、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。歯科用ではなく整腸剤として利用したことがあるかもしれません。代表的なものでは、乳酸菌やビフィズス菌です。タブレット状になっているので、歯磨きをして虫歯菌が減った後に、ゆっくり舐めます。そうすることで、お口の中の悪玉菌である虫歯菌のすみかをうばい、口内環境をよくします。もちろん、元々口の中に生息している乳酸菌なので体に害はありません。

歯科コラム
2017/06/3
歯周病を治す目的で歯のクリーニングをする場合、保険はおりる?
歯周病の場合、歯のクリーニングは保険が適用となります。その理由は、歯周病の治療目的として歯のクリーニングを行うからです。... <続きを読む
2017/05/1
顎関節症は4つのタイプに分かれる!タイプ別で見る治療法
近年日本人に増えている顎関節症。顎関節症の原因は歯ぎしりやストレス、噛み合わせなど様々です。顎関節症は、口が開かない、顎... <続きを読む
2017/04/1
歯を削らなくて済む虫歯の進行を止める生活習慣とは?
虫歯は長期的な時間をかけて進行していくもの。その進行のスピードを決めるのは、口周りの生活習慣です。最終的に歯を削らなくて... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院