歯科コラム
知覚過敏に効く成分と歯磨き粉
2016年12月5日 (月)

歯の内部の象牙質がむき出しになることで、冷たいモノや温かいモノがしみてしまう「知覚過敏」。痛みがあると食事が楽しめませんので、早めに対処しておくことが肝心です。歯科検診をうけたり、歯医者さんに診てもらうのは、もちろんのこと、毎日の歯磨きでセルフケアしましょう。知覚過敏の症状に効く歯磨き粉があることはご存知でしょうか? 知覚過敏に効く成分と歯磨き粉について紹介します。

知覚過敏の予防に効く歯磨き粉の成分
知覚過敏の予防に効く歯磨き粉の成分

知覚過敏の予防に効く成分として、「神経鈍麻作用」と呼ばれる作用をもつ硝酸カリウム、細管封鎖作用と呼ばれる作用がある乳酸アルミニウムがあります。こうした、神経の過剰な働きを抑え、歯がしみるのを防ぐ成分が含まれた歯磨き粉が、知覚過敏用の歯磨き粉です。代表的商品は以下の通りです。

知覚過敏用歯磨きの代表格「シュミテクト」

知覚過敏用歯磨き粉の代表的なものとして知られるのが「シュミテクト」です。シュミテクトには「硝酸カリウム」と呼ばれる成分が配合されていて、その働きによって歯の神経である歯髄の周囲にイオンバリアを張り巡らし、歯がしみるのを防ぎます。虫歯予防のフッ素も配合されており、さらに他にもホワイトニングやデイリーケアなど、知覚過敏以外の効能を強化したタイプもあります。

知覚過敏以外にもさまざまな効能が期待できる「デントヘルス」
知覚過敏以外にもさまざまな効能が期待できる「デントヘルス」
デントヘルスは、知覚過敏用歯磨き粉とはうたっていませんが、「デントヘルス薬用ハミガキしみるブロック」には、エナメル質を削る原因になりやすい研磨剤が使用されていません。さらに神経鈍麻作用(硝酸カリウム)と、細管封鎖作用(乳酸アルミニウム)という独自の「ダブルしみるブロック」作用が含まれています。
歯槽膿漏・歯肉炎の予防、出血・口臭を防ぐ、虫歯予防、ホワイトニング……といった幅広い効果が期待できる歯磨き粉です。

知覚過敏予防を強化した「システマ ハグキプラスS」

「システマ ハグキプラス」は、組織修復作用(歯ぐきの組織を修復)、抗炎症作用(歯ぐきのハレ、出血を抑える)、浸透殺菌作用(歯周病菌を浸透殺菌)という3つの効果によって、知覚過敏の要因になりやすい歯周病を防ぎます。また、「システマ ハグキプラスS」は、イオンバリアを添加した知覚過敏用の歯磨き粉です。

ジェルタイプが知覚過敏に効く「メルサージュ ヒスケア」

知覚過敏を予防するだけでなく、着色性の汚れを除去するのが「メルサージュ ヒスケア」です。リキッド、ソフトミント、ジェルなどさまざまなタイプがあり、中でもジェルタイプは歯に成分が滞留しやすく、知覚過敏の方に有効です。

歯科コラム
2017/10/1
お腹の赤ちゃんのために!妊娠中は積極的に歯科検診に行こう!
出産を控えた方のために、マタニティ歯科というものがあるのをご存知でしょうか? また最近では、大学病院の小児歯科でも、親子... <続きを読む
2017/09/1
「プラーク」ってなに?歯周病の最大の原因ってホント?
皆さんは「プラーク」という言葉をご存知ですか?プラークとは別名歯垢と言い、細菌がたくさん集まっているものです。このプラー... <続きを読む
2017/08/1
大豆の「タンパク質」には歯の土台を形成する喜びの効果が!
歯は一生ものと言われるように、出来る事なら最期まで自分の歯で食べ物を食べていたいものですね。そんな丈夫な歯を維持するため... <続きを読む

求人案内

メールお問い合わせ

ムービー

Menu

  1. 歯科インプラント治療
  2. 矯正歯科
  3. 審美歯科
  4. 予防歯科
  5. 歯周病科
  6. 小児歯科
  7. 口腔外科
  8. スポーツ歯科
  9. インビザライン

歯の欠損治療

院長からのご挨拶

BLOG

活動報告

医院までの地図

インプラント専門WEBSITE

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

歯科健診センター指定の歯科医院